〔はじめての方へ〕

米国IPO週報」(US IPO Weekly)とは

日米で活動する新規事業開発コンサルタントが米国市場で資金調達したばかりの有望企業について毎週アップデートしています(IPO、M&A、VC投資)。

忙しいみなさんのために必要最小限の文字数でNYSEやNASDAQの成長株やスタートアップのトレンドをお伝えできたらと思っています。

米国株に投資されている方にはもちろん、起業家、ベンチャーキャピタル、事業会社で新規事業の立ち上げに関っている方にも、ヒントがあるはずです。

米国株投資の銘柄発掘、新規事業開発のトレンド把握、事業パートナーの探索などにお役立てください。

本サイトの利用方法についてはこちらをご覧ください。無料メルマガはまぐまぐ!(または下記QRコード)からお申し込みください。

qr20200129154501137 - mag2

「米国IPO週報」の背景について

  • 本業のために、最新の市場動向を網羅的に把握する作業をかねて、スタートアップの資金調達情報を収集して発信しています。
  • 実際に、クライアントへの案件紹介の足がかり、投資アイディアの着想のきっかけとして活用しています。
  • 情報発信することでインターネット上の自由な知識交換に少しでも貢献できたらと考えています。

「米国IPO週報」の編集方針について

  • 個人的な意見よりも事実をお伝えすること、事実を恣意的に選別せずお伝えすることを心がけています。
  • 調達金額や時価総額の単位は、$1Mは1百万米ドル、$1.5Bは15億米ドルです。原則として小数点以下は四捨五入しています。
  • タイプミスなどの修正は都度ウェブサイトでおこないます。無料メルマガでの訂正通知はしていません。

「米国IPO週報」の情報ソースについて

  • 「米国IPO」は、NYSEやNASDAQで株式公開した企業を対象にしています。主としてIPO HomeIPO Scoopの情報を参照しています。
  • 「ベンチャーM&A」および「ベンチャーファイナンス」は、様々なメディアのニュースやデータベースの更新情報にもとづいています。

「ベンチャーファイナンス」について

  • 原則として一回に$12M以上の資金を調達した米国のスタートアップを取り上げています。米国市場で事業展開している海外のスタートアップも含めています。
  • NVCAによれば、2020年の米国VC投資総額は$164B、投資件数は11,651件でした。同年の「米国IPO週報」では$147B、1,936件を取り上げています。
  • 単純計算によるカバレッジ率は投資総額で90%、投資件数で17%でした。一概には言えませんが$12M未満や非公表の案件を含まないためと考えられます。

「ベンチャーファイナンス」の分類項目について

  • スタートアップによる資金調達の情報はテクノロジーの種類とその用途展開の観点から下記の7項目に分類しています。

<半導体、ロボティクス、モビリティ、他>
<環境、エネルギー、食糧生産>
<ライフサイエンス、ヘルスケア>
<教育、人材、働き方>

<ICTインフラ、エンタープライズ、マーケティング>
<フィンテック>
<メディア、コンシューマ>

* <半導体、ロボティクス、モビリティ、他> には、エレクトロニクス、ロジスティクス、航空宇宙なども含めています。
* <フィンテック> には、保険や不動産も含めています。
* 新素材、加工技術、AI、IoT、AR/VR、5G、ブロックチェーン、量子コンピュータ、などは用途に応じて分類しています。汎用であれば <半導体、ロボティクス、モビリティ、他> に含めています。

「米国IPO週報」の沿革について

  • 2013年8月の創刊から徐々に内容を拡充してきました。当時クライアントだった某メガバンクのSさんには貴重なアドバイスをいただきました。
  • 某IT商社のEさんから資金調達リストの有料提供を依頼されたのをきっかけに2018年8月にプレミアム版(現在の法人パッケージ)を導入しました。
  • より多くの方にプレミアム版を利用していただけるよう2021年10月に本サイトをリニューアルしてSubscription(購読)プランを導入しました。