米国IPO週報 – 2017/07/03

【米国IPO】

6月26日の週は8社が株式公開しました。

Byline Bancorp(BY)
・金融(イリノイ州Chicago)
・商業銀行;シカゴ市に55店舗、預かり資産$3.3B
・設立1978年、従業員791名
・売上$108M、利益$75M、時価総額$568M
・$108M調達、初日6%上昇

Tintri(TNTR)
・IT(カリフォルニア州Mountain View)
・フラッシュストレージ;クラウドサービス向け
・設立2008年、従業員561名
・売上$133M、損失$112M、時価総額$231M
・$60M調達、初日4%上昇

Aileron Therapeutics(ALRN)
・バイオ(マサチューセッツ州Cambridge)
・がん治療薬;ステープルペプチド
・設立2006年、従業員14名
・売上なし、損失$19M、時価総額$220M
・$56M調達、初日28%下落

Blue Apron(APRN)
・Eコマース(ニューヨーク州New York)
・食材宅配サービス;調理レシピつき
・設立2012年、従業員5,137名
・売上$868M、損失$110M、時価総額$1.9B
・$300M調達、初日±0%

Dova Pharmaceuticals(DOVA)
・バイオ(ノースカロライナ州Durham)
・血小板減少症治療薬
・設立2016年、従業員7名
・売上なし、損失$28M、時価総額$394M
・$75M調達、初日17%上昇

Mersana Therapeutics(MRSN)
・バイオ(マサチューセッツ州Cambridge)
・がん治療薬;抗体薬物複合体
・設立2002年、従業員68名
・売上$26M、損失$16M、時価総額$340M
・$75M調達、初日7%下落

Avenue Therapeutics(ATXI)
・バイオ(ニューヨーク州New York)
・点滴鎮痛薬;手術後の鎮痛ケア
・設立2015年、従業員3名
・売上なし、損失$3M、時価総額$53M
・$33M調達、初日38%上昇

Esquire Financial(ESQ)
・金融(ニューヨーク州Jericho)
・商業銀行;弁護士費用ローンに特化、預かり資産$400M
・設立2002年、従業員16,000名
・売上$17M、利益$3M、時価総額$96M
・$33M調達、初日9%上昇

【ベンチャーM&A】

ベンチャーおよびテクノロジー関連のM&Aでは下記のような案件が話題になりました。

・POS PortalをScanSourceが買収(POS端末販売;$145M)
・JustGivingをBlackbaudが買収(NPO寄付金募集;95Mポンド)
・KinveyをProgressが買収(アプリ開発プラットフォーム;$49M)
・SensoMotoric InstrumentsをAppleが買収(アイトラッキング技術)
・VeriLocationをIsotrakが買収(車両管理)

【ベンチャーファイナンス】

未公開企業による資金調達のなかで目立ったものをご紹介します。

<半導体、エレクトロニクス、モビリティ、etc.>

・スマートガラスのViewが$200M
・自動運転車向け人工知能のDrive.aiが$50M
・電気自動車充電ネットワークのChargepointが$43M(Siemensも出資)
・自動運転車向けGPSのSwift Navigationが$34M
・小型衛星打上げ機のVector Spaceが$21M
・車車間通信チップのAutotalksが$10M
・IoTセンサデータ解析のSentianceが$9M(スマホやウェアラブルのユーザの状況をリアルタイムで把握)

<エネルギー、環境、農業、etc.>

・太陽光発電プロジェクト融資のSpruce Financeが$25M
・バイオ農薬のM2Iが$13M(フェロモン)
・バイオ農薬のApheaが$9M(微生物)
・鶏糞発電のBHSLが$8M
・アフリカ太陽光発電クラウドファンディングのTRINEが$7M

<ライフサイエンス、ヘルスケア>

・患者エンゲージメントのPatientPointが$140M
・希少疾患遺伝子治療のLogicBioが$45M
・糖尿病管理のGlookoが$35M
・中国バイオ企業のZai Labが$30(がん治療薬、抗炎症剤)
・がん治療薬のVivaceが$25M
・ビデオ遠隔診療アプリのKRYが$23M
・神経変性疾患治療薬のMitoconixが$20M
・タンパク質安定性解析ツールのUnchained Labsが$13M
・マイクロバイオーム栄養指導アプリのDayTwoが$12M(検便による腸内細菌叢DNA解析→食品へ身体反応の個人差をアドバイス;血糖値上昇など)
・化粧品ナノ材料のMirexusが$12M(トウモロコシ由来グリコーゲン)
・ペプチド合成技術のIndi Molecularが$12M(造影剤など)
・RNA診断のCofactor Genomicsが$11M
・医療データ管理のPHEMIが$10M
・自己問診アプリのYour.MDが$10M
・肺疾患治療薬のSynspiraが$8M(糖重合体)
・アイトラッキング診断のRightEyeが$7M(脳震とう、視覚障害、認知症など)

<教育、人材、働き方>

・ビジネス専門家クラウドソーシングのCatalantが$41M(GEも出資)
・IT人材派遣のAccscientが$20M
・ネットワーキングアプリのShaprが$10M
・採用選考プラットフォームのHarverが$8M
・学校運営ツールのAbl Schoolsが$8M(時間割など)

<ICTインフラ、エンタープライズ、マーケティング>

・マシンデータ(ログ)解析のSumo Logicが$75M
・分散型インメモリデータベースのKineticaが$50M(GPUで高速化)
・小売り店舗マーケティングのTrax Image Recognitionが$64M(商品棚の画像認識・解析)
・クラウド利用最適化のCloudHealthが$46M
・企業データ解析のNeowayが$45M
・Eコマース不正カード決済防止ソリューションのRiskifiedが$33M
・サイバセキュリティのSparkCognitionが$32M(データ解析・障害予測)
・アプリ/API認証プラットフォームのAuth0が$30M
・研究実験マーケットプレースのScience Exchangeが$28M
・衛星画像データ解析のSatellogicが$27M(ハイパースペクトルイメージング)
・ITフィールドサービスのSitehandsが$25M
・ソフトウェア開発自動化のDiffBlueが$22M(テスト自動生成)
・ハイブリッドクラウド管理のPlatform9が$22M
・企業データ解析のXcalarが$21M
・印刷後デジタル加工システムのHighconが$20M(カット、折り曲げ)
・サイバセキュリティのJASKが$12M(オペレーション支援)
・B2Bコンタクト先データ管理のSynthioが$11M
・アルゴリズムマーケットプレースのAlgorithmiaが$10M(人工知能API開発者コミュニティ;Google、楽天も出資)
・近距離宅配ソリューションのHomer Logisticsが$9M
・遠隔テクニカルサポート視覚支援のTechSeeが$8M

<フィンテック、etc.>

・リワードカードのTango Cardが$10M
・米国債取引プラットフォームのOpenDoor Tradingが$10M

<メディア、コンシューマ>

・家具店のArhausが$30M
・ファッションメディアのClique Media Groupが$15M(Amazonも出資)
・EスポーツイベントのSuper League Gamingが$15M(League of LegendsやMinecraftのアマチュア対抗戦)
・ゲーム開発のWONDERが$14M
・ビーンバッグチェアのLovesacが$10M
・EスポーツメディアのRFRSH Entertainmentが$8M
・生花宅配のUrbanStemsが$6M

 

【発行人】

TransCap 坂崎 昌平 – http://www.transcap.net

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中