米国IPO市場動向チェック – 2016年(YTD)

【2016年1~9月の米国IPO】

IPO件数 81社(2015年1~9月は139社)
IPO調達総額 $13B(2015年1~9月は$24B)
IPO後の平均リターン 0.62%(2015年1~9月のS&P500のリターンは5.4%;2015年はマイナス2%;2015年のS&P500のリターンは マイナス0.8%)

・米国IPO減少の背景は、英国EU離脱問題、米国の利上げ観測、中国経済の減速、原油安(エネルギー関連銘柄の減少)、IPOの代替手段としての大型未公開ファイナンスやM&A、など。
・業種別では、ヘルスケア、テクノロジ、金融関連IPOが市場を牽引した。ただし、バイオなどヘルスケアは、件数はテクノロジの倍だが調達総額は同水準で、小型案件が多くなっている。

* 2016年1~9月の日本のIPO件数は58社(2015年は104社)だった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中